遺言書 検認

遺言・遺言書/遺言書 検認

  1. 桜月法律事務所 >
  2. 遺言書 検認
遺言書 検認に関する基礎知識記事や事例
  • 遺言・遺言書遺言・遺言書

    遺言とは、故人の生前における意思を表したものをいい、それを書面にしたものが遺言書です。 遺言書は満15歳以上で意思能力があれば誰でも作成することができ、遺産分割方法の指定や相続人同士のトラブル...

  • 公正証書遺言公正証書遺言

    公正証書遺言とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言のことです。遺言者が公証人に作成したい遺言の内容を伝えると、その内容を遺言書として書面にしてくれます。 公正証書遺言は公証人と一緒に作成す...

桜月法律事務所が提供する基礎知識

  • 民事全般

    民事全般

    当弁護士事務所が取扱う民事訴訟・民事事件は以下のようなものがありま...

  • 不動産開発事業に関する紛争、法務アドバイス等

    不動産開発...

    当弁護士事務所は、不動産開発事業に関する紛争について、以下のような...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    子どものいる夫婦が離婚する場合にやはり問題となるのは、親権の問題で...

  • 覚せい剤の症状

    覚せい剤の症状

    覚せい剤は脳内の神経に働き掛け、興奮状態を引き起こします。 この効...

  • 法定相続分

    法定相続分

    被相続人に遺言がなかった場合、遺産分割協議により相続人各々の相続す...

  • 怪我のない事故の慰謝料

    怪我のない...

    交通事故と聞いて多くの人がイメージするのは、車が衝突し、怪我した人...

  • 冤罪事件とは

    冤罪事件とは

    冤罪とは無実の罪で犯罪者として扱われてしまうことを指します。 冤罪...

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、20歳未満の少年(男子だけでなく女子も含む)が犯罪を...

  • 自己破産

    自己破産

    「自己破産」は債務整理の中で最も強力な効果を持ちます。すべての債務...

桜月法律事務所の主な対応地域

京都府京都市中京区

ページトップへ