みなし相続財産

相続放棄/みなし相続財産

  1. 桜月法律事務所 >
  2. みなし相続財産
みなし相続財産に関する基礎知識記事や事例
  • 相続放棄相続放棄

    相続人は、自分自身で相続するかしないかを決めることができます。 相続財産には家や土地、預金などのプラスの財産(積極財産)だけではなく、親の借金やローンなどのマイナスの財産(消極財産)も対象とな...

桜月法律事務所が提供する基礎知識

  • 不動産売買契約に関する紛争

    不動産売買...

    不動産売買契約に関する紛争について、当事務所では以下のような分野を...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続人は、自分自身で相続するかしないかを決めることができます。 ...

  • 死亡事故

    死亡事故

    交通事故は、死亡事故、傷害事故、物損事故の3つの種類に分けられます...

  • 任意整理

    任意整理

    「任意整理」とは債務整理の中で一番簡単に行える借金減額方法です。弁...

  • 交通事故の慰謝料

    交通事故の慰謝料

    慰謝料という言葉を聴いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。 テ...

  • 遺言・遺言書

    遺言・遺言書

    遺言とは、故人の生前における意思を表したものをいい、それを書面にし...

  • 過失割合

    過失割合

    交通事故の問題でとしばしば取り上げられる過失相殺と過失割合ですが、...

  • 土壌汚染問題とは

    土壌汚染問題とは

    工場跡地や有害物質を使用していた土地が再開発されるにあたって問題と...

  • 遺留分

    遺留分

    遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人が、相続財産を最低限相続...

桜月法律事務所の主な対応地域

京都府京都市中京区

ページトップへ