相続放棄

桜月法律事務所(京都府京都市/中京区)|相続放棄

  1. 桜月法律事務所 >
  2. 相続・遺言に関する記事一覧 >
  3. 相続放棄

相続放棄

相続人は、自分自身で相続するかしないかを決めることができます。

相続財産には家や土地、預金などのプラスの財産(積極財産)だけではなく、親の借金やローンなどのマイナスの財産(消極財産)も対象となります。そのため、消極財産が積極財産を上回る場合、そのまま相続すると相続人はその差額分を負担しなくてはなりません。

このような消極財産の方が多い場合、相続放棄の検討をすることになるでしょう。

相続人は、相続財産の何も引き継がない(=相続放棄)と決めた時は、戸籍謄本などの必要書類を持って、家庭裁判所にその旨を伝え(申述)、裁判所から「相続放棄申述受理通知書」という書面を交付されたら、相続を免れることができます。

この時、相続人が相続を知った時から3か月以内に申し出る必要があります。この期間を過ぎてしまいますと、単純承認(すべての財産を相続すること)したとみなされますので要注意です。

なお、相続放棄をしたら全く何も受け取れないというわけではなく、遺族年金や生命保険金(死亡保険金)、死亡退職金(規定がある場合のみ)などの遺産ではない財産(いわゆる「みなし相続財産」)は受け取ることができます。

桜月法律事務所は、「地域に根ざした法律事務所」として、遺産分割や遺言書作成など相続・遺言に関する法律相談を承っております。
京都府京都市中京区に本拠を置き、京都をはじめとして大阪・滋賀の様々な法律問題を扱っており、夜間・土日のご相談も受け付けております。
また、当事務所は、京都市営地下鉄東西線二条駅・JR山陰本線二条駅の東口から徒歩1分の場所にあり、京都府北部からもアクセスがしやすく、近隣にも大型の駐車場がございます。
お近くにお住まいの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

桜月法律事務所が提供する基礎知識

  • 公正証書遺言

    公正証書遺言

    公正証書遺言とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言のことです。...

  • 京都市の自己破産は弁護士にご相談ください

    京都市の自...

    自己破産とは、借金を返済できなくなってしまった人が、裁判所に申し立...

  • 法定相続分

    法定相続分

    被相続人に遺言がなかった場合、遺産分割協議により相続人各々の相続す...

  • 遺産分割

    遺産分割

    遺産分割とは、被相続人が遺言を残さずに死亡した場合に、一旦は相続人...

  • 建物建築請負契約に関する紛争

    建物建築請...

    建物建築請負契約に関する紛争として、当事務所の扱っている分野は以下...

  • 冤罪事件とは

    冤罪事件とは

    冤罪とは無実の罪で犯罪者として扱われてしまうことを指します。 冤罪...

  • 離婚調停

    離婚調停

    「離婚したいと思っているが、夫(妻)との話し合いが思ったように進ま...

  • 怪我のない事故の慰謝料

    怪我のない...

    交通事故と聞いて多くの人がイメージするのは、車が衝突し、怪我した人...

  • 不動産開発事業に関する紛争、法務アドバイス等

    不動産開発...

    当弁護士事務所は、不動産開発事業に関する紛争について、以下のような...

桜月法律事務所の主な対応地域

京都府京都市中京区

ページトップへ