京都市の自己破産は弁護士にご相談ください

桜月法律事務所(京都府京都市/中京区)|京都市の自己破産は弁護士にご相談ください

  1. 桜月法律事務所 >
  2. 債務整理に関する記事一覧 >
  3. 京都市の自己破産は弁護士にご相談ください

京都市の自己破産は弁護士にご相談ください

自己破産とは、借金を返済できなくなってしまった人が、裁判所に申し立てを行って財産を清算し、借金をゼロにして返済する義務を免れることができる手続きのことです。

まず、自己破産のメリットをご紹介します。

・裁判所で支払いが不可能であると認められ、借金の支払い義務が免除されると、養育費や税金などの非免責債権を除いて全ての借金を支払う必要がなくなります。
債務の免除には法的な効力があるため、債権者からの督促や取り立てが止まります。

・自己破産を申し立てた場合、不動産や車などお金に変えられそうな財産は処分することとなりますが、全ての財産を手放さなければならないわけではありません。
99万円以下の現金や20万円以下の預貯金、生活に必要な家具などは手元に残すことができます。

次に、自己破産のデメリットです。

・信用情報機関に5〜10年の間は自己破産手続きを取ったという記録が残り(いわゆるブラックリスト)、クレジットカードを作成・利用しようとしても、クレジットカード会社の審査を通らず、作成・利用できないことになります。新規の借り入れやローンを組むこともできません。

・自己破産手続きが終わるまで、警備員や士業など一定の職業に就けなくなります。

・自己破産をすると、政府が発行する官報に、手続き内容や名前・住所などが載ります。一般の人が官報を見る機会はほとんどないので、自己破産をしたことを周囲に知られる危険は少ないですが、可能性はあります。

そして、自己破産をするためには二つの条件を満たす必要があります。
一つ目は支払不能であること、二つ目は免責不許可事由にあたらないことです。

借金がいくらあったら支払不能という決まりはありません。
生活状況や資産状況を総合的に判断し、将来的にも返済ができないと考えられる状態であれば、自己破産が可能です。

免責不許可事由とは、財産を隠匿したり、クレジットカードで買い物したものをすぐに現金に変えたり、一部の貸金業者だけに偏った返済をしたり、ギャンブルや浪費が原因で借金を作ったりしたことなどです。
ただし、免責不許可事由がある場合でも、裁判所の裁量によって免責が許可されるケースもあります。

自己破産を悩んでいる間にも利息が膨れ上がって、無駄な返済を続けることになり、精神的負担も募る一方です。
借金をゼロにして、新たなスタートを切ることができるよう、弁護士が最後までサポートいたします。

桜月法律事務所は、京都市をはじめ、京都府・大阪府・滋賀県にて、皆さまからの様々な「自己破産」についてのご相談を承っております。
債務整理に関するあらゆる問題に対応しておりますので、お困りの際にはお気軽に当事務所までご相談ください。豊富な知識と経験から、ご相談者様に最適な解決方法をご提案させていただきます。

桜月法律事務所が提供する基礎知識

  • 追突事故の慰謝料請求

    追突事故の...

    交通事故は、日本全国において、「1時間に1件は発生している」といわ...

  • 任意整理

    任意整理

    「任意整理」とは債務整理の中で一番簡単に行える借金減額方法です。弁...

  • 養育費の計算方法

    養育費の計算方法

    「子どもがいるが離婚を検討している。子どもの養育費をしっかりと支払...

  • 離婚調停

    離婚調停

    「離婚したいと思っているが、夫(妻)との話し合いが思ったように進ま...

  • 遺言・遺言書

    遺言・遺言書

    遺言とは、故人の生前における意思を表したものをいい、それを書面にし...

  • 離婚協議

    離婚協議

    離婚にはいくつかのステップがあります。 まずは夫婦が話し合いで条...

  • 示談交渉

    示談交渉

    示談とは、被害者と加害者が裁判所の手を借りず話し合いによって賠償責...

  • 過失割合

    過失割合

    交通事故の問題でとしばしば取り上げられる過失相殺と過失割合ですが、...

  • 不動産関連

    不動産関連

    住空間としての不動産は、生活の本拠(拠点)であり、人生を形作る基盤...

桜月法律事務所の主な対応地域

京都府京都市中京区

ページトップへ