物損事故

桜月法律事務所(京都府京都市/中京区)|物損事故

  1. 桜月法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 物損事故

物損事故

交通事故は、死亡事故、傷害事故、物損事故の3つの種類に分けられます。
ここでは物損事故について説明します。

まず物損事故で注意しておかなければならない点は、物損事故で自動車損害賠償保証法(自賠法)が適用されないということです。

自賠法が適用されないということは、民法による不法行為責任で損害賠償を請求していくことになります。
したがって、損害賠償を請求する相手は、加害者である運転者とその使用者に限られます。
また、被害者側が相手側に過失のあったことを立証しなければなりません。
物損事故の場合には、慰謝料が原則として認められていないことにも留意しておく必要があるでしょう。

物損事故の加害者側の視点からみれば、強制保険である自賠責保険が適用されないことに注意しましょう。
任意保険であれば、その内容によっては対物賠償保険が適用されませので、保険内容のご確認をおすすめします。

物損事故の例としては、建物などの破損や、追突事故で相手の怪我がなく相手が物損事故扱いでよいとした場合などがあります。
物損事故には慰謝料がありませんが、事故によって破損したものが修理可能かどうか、事故によってどれだけ破損したかなどが問題になります。

桜月法律事務所は京都市中京区を中心に京都府・大阪府・滋賀県で皆様の問題解決に日々尽力しております。物損事故をはじめ、債務整理や相続・遺言にお悩みの方は桜月法律事務所へご相談下さい。

桜月法律事務所が提供する基礎知識

  • 交通事故の慰謝料

    交通事故の慰謝料

    慰謝料という言葉を聴いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。 テ...

  • 冤罪事件とは

    冤罪事件とは

    冤罪とは無実の罪で犯罪者として扱われてしまうことを指します。 冤罪...

  • 民事全般

    民事全般

    当弁護士事務所が取扱う民事訴訟・民事事件は以下のようなものがありま...

  • 覚せい剤の症状

    覚せい剤の症状

    覚せい剤は脳内の神経に働き掛け、興奮状態を引き起こします。 この効...

  • 京都市の債務整理は桜月法律事務所へ

    京都市の債...

    債務整理とは、支払えなくなった借金から解放されるための手続きのこと...

  • 後遺障害

    後遺障害

    交通事故では被害者が後遺障害を負ってしまうケースも少なくありません...

  • 性犯罪事件

    性犯罪事件

    性犯罪には、痴漢や盗撮等の迷惑防止条例違反、公然わいせつ罪、強制わ...

  • 薬物事件・麻薬事件

    薬物事件・...

    薬物犯罪の対象となる薬物は、麻薬や覚醒剤、大麻など様々で、それぞれ...

  • 京都 交通事故|桜月法律事務所 弁護士山本悠揮

    京都 交通...

    交通事故は、日本全国において、「1時間に1件は発生している」といわ...

桜月法律事務所の主な対応地域

京都府京都市中京区

ページトップへ