相続人 範囲

法定相続分/相続人 範囲

  1. 桜月法律事務所 >
  2. 相続人 範囲
相続人 範囲に関する基礎知識記事や事例
  • 法定相続分法定相続分

    被相続人に遺言がなかった場合、遺産分割協議により相続人各々の相続する割合を決めることになりますが、その際、参考となるのが民法により定められた法定相続分です。 法定相続人の範囲は、①配偶者、②子...

  • 遺産分割遺産分割

    遺産分割とは、被相続人が遺言を残さずに死亡した場合に、一旦は相続人全員の共有財産となったものを各相続人へ話し合いによって具体的に分配していくことを言い、遺産分割についての話し合いを遺産分割協議と...

桜月法律事務所が提供する基礎知識

  • 民事訴訟・交渉の費用

    民事訴訟・...

    民事訴訟を行うにも民事調停を行うにもお金がかかります。 民事訴訟...

  • 暴力事件

    暴力事件

    ケンカや口論の末、相手に暴力を振るってしまった際、相手を怪我をさせ...

  • 法定相続分

    法定相続分

    被相続人に遺言がなかった場合、遺産分割協議により相続人各々の相続す...

  • 親権と監護権

    親権と監護権

    子どものいる夫婦が離婚する場合にやはり問題となるのは、親権の問題で...

  • 建物建築請負契約に関する紛争

    建物建築請...

    建物建築請負契約に関する紛争として、当事務所の扱っている分野は以下...

  • 冤罪事件とは

    冤罪事件とは

    冤罪とは無実の罪で犯罪者として扱われてしまうことを指します。 冤罪...

  • 覚せい剤の症状

    覚せい剤の症状

    覚せい剤は脳内の神経に働き掛け、興奮状態を引き起こします。 この効...

  • 不動産賃貸借契約に関する紛争

    不動産賃貸...

    不動産賃貸借契約に関する紛争について、当事務所では以下のような分野...

  • 遺言・遺言書

    遺言・遺言書

    遺言とは、故人の生前における意思を表したものをいい、それを書面にし...

桜月法律事務所の主な対応地域

京都府京都市中京区

ページトップへ