暴行罪 傷害罪

暴力事件/暴行罪 傷害罪

  1. 桜月法律事務所 >
  2. 暴行罪 傷害罪
暴行罪 傷害罪に関する基礎知識記事や事例
  • 暴力事件暴力事件

    ケンカや口論の末、相手に暴力を振るってしまった際、相手を怪我をさせてしまった場合は傷害罪に問われ、たとえ怪我をしなくとも暴行罪に問われることになります。また、他人を脅したり、威嚇したりした場合は...

桜月法律事務所が提供する基礎知識

  • 示談交渉

    示談交渉

    示談とは、被害者と加害者が裁判所の手を借りず話し合いによって賠償責...

  • ヤミ金とは

    ヤミ金とは

    貸金業は登録をしなければお金を貸すことができませんが、この登録を行...

  • 人身事故

    人身事故

    交通事故は、死亡事故、傷害事故、物損事故の3つの種類に分けられます...

  • 物損事故

    物損事故

    交通事故は、死亡事故、傷害事故、物損事故の3つの種類に分けられます...

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、20歳未満の少年(男子だけでなく女子も含む)が犯罪を...

  • 薬物事件・麻薬事件

    薬物事件・...

    薬物犯罪の対象となる薬物は、麻薬や覚醒剤、大麻など様々で、それぞれ...

  • 覚せい剤の症状

    覚せい剤の症状

    覚せい剤は脳内の神経に働き掛け、興奮状態を引き起こします。 この効...

  • 遺留分

    遺留分

    遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人が、相続財産を最低限相続...

  • 京都 交通事故|桜月法律事務所 弁護士山本悠揮

    京都 交通...

    交通事故は、日本全国において、「1時間に1件は発生している」といわ...

桜月法律事務所の主な対応地域

京都府京都市中京区

ページトップへ