暴行 傷害

暴力事件/暴行 傷害

  1. 桜月法律事務所 >
  2. 暴行 傷害
暴行 傷害に関する基礎知識記事や事例
  • 暴力事件暴力事件

    ケンカや口論の末、相手に暴力を振るってしまった際、相手を怪我をさせてしまった場合は傷害罪に問われ、たとえ怪我をしなくとも暴行罪に問われることになります。また、他人を脅したり、威嚇したりした場合は...

桜月法律事務所が提供する基礎知識

  • 京都 交通事故|桜月法律事務所 弁護士山本悠揮

    京都 交通...

    交通事故は、日本全国において、「1時間に1件は発生している」といわ...

  • 後遺障害

    後遺障害

    交通事故では被害者が後遺障害を負ってしまうケースも少なくありません...

  • 冤罪事件とは

    冤罪事件とは

    冤罪とは無実の罪で犯罪者として扱われてしまうことを指します。 冤罪...

  • ヤミ金とは

    ヤミ金とは

    貸金業は登録をしなければお金を貸すことができませんが、この登録を行...

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、20歳未満の少年(男子だけでなく女子も含む)が犯罪を...

  • 性犯罪事件

    性犯罪事件

    性犯罪には、痴漢や盗撮等の迷惑防止条例違反、公然わいせつ罪、強制わ...

  • 京都市の過払い金請求は弁護士にご依頼ください

    京都市の過...

    過払い金請求は、出資法と貸金業法の差の中で生まれたグレーゾーン金利...

  • 死亡事故

    死亡事故

    交通事故は、死亡事故、傷害事故、物損事故の3つの種類に分けられます...

  • 法定相続分

    法定相続分

    被相続人に遺言がなかった場合、遺産分割協議により相続人各々の相続す...

桜月法律事務所の主な対応地域

京都府京都市中京区

ページトップへ