傷害罪 暴行罪

暴力事件/傷害罪 暴行罪

  1. 桜月法律事務所 >
  2. 傷害罪 暴行罪
傷害罪 暴行罪に関する基礎知識記事や事例
  • 暴力事件暴力事件

    ケンカや口論の末、相手に暴力を振るってしまった際、相手を怪我をさせてしまった場合は傷害罪に問われ、たとえ怪我をしなくとも暴行罪に問われることになります。また、他人を脅したり、威嚇したりした場合は...

桜月法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚協議

    離婚協議

    離婚にはいくつかのステップがあります。 まずは夫婦が話し合いで条...

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、20歳未満の少年(男子だけでなく女子も含む)が犯罪を...

  • 遺産分割

    遺産分割

    遺産分割とは、被相続人が遺言を残さずに死亡した場合に、一旦は相続人...

  • 追突事故の慰謝料請求

    追突事故の...

    交通事故は、日本全国において、「1時間に1件は発生している」といわ...

  • 養育費の計算方法

    養育費の計算方法

    「子どもがいるが離婚を検討している。子どもの養育費をしっかりと支払...

  • 財産分与

    財産分与

    離婚では財産分与が問題となることが少なくありません。しかし、財産分...

  • 離婚調停

    離婚調停

    「離婚したいと思っているが、夫(妻)との話し合いが思ったように進ま...

  • 流れ

    流れ

    民事訴訟(民事裁判)手続きの流れは以下の通りです。 ①訴状の提出...

  • 損害賠償

    損害賠償

    交通事故の場合、ひとくちに損害賠償といっても、どういう事故かによっ...

桜月法律事務所の主な対応地域

京都府京都市中京区

ページトップへ