傷害罪 暴行罪

暴力事件/傷害罪 暴行罪

  1. 桜月法律事務所 >
  2. 傷害罪 暴行罪
傷害罪 暴行罪に関する基礎知識記事や事例
  • 暴力事件暴力事件

    ケンカや口論の末、相手に暴力を振るってしまった際、相手を怪我をさせてしまった場合は傷害罪に問われ、たとえ怪我をしなくとも暴行罪に問われることになります。また、他人を脅したり、威嚇したりした場合は...

桜月法律事務所が提供する基礎知識

  • 過払い金請求

    過払い金請求

    「過払い金」とは本来払う必要が無く、必要以上に金融業者へ返済してい...

  • 公正証書遺言

    公正証書遺言

    公正証書遺言とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言のことです。...

  • 自己破産

    自己破産

    「自己破産」は債務整理の中で最も強力な効果を持ちます。すべての債務...

  • 土壌汚染問題とは

    土壌汚染問題とは

    工場跡地や有害物質を使用していた土地が再開発されるにあたって問題と...

  • ヤミ金とは

    ヤミ金とは

    貸金業は登録をしなければお金を貸すことができませんが、この登録を行...

  • 追突事故の慰謝料請求

    追突事故の...

    交通事故は、日本全国において、「1時間に1件は発生している」といわ...

  • 建物建築請負契約に関する紛争

    建物建築請...

    建物建築請負契約に関する紛争として、当事務所の扱っている分野は以下...

  • 流れ

    流れ

    民事訴訟(民事裁判)手続きの流れは以下の通りです。 ①訴状の提出...

  • 法定相続分

    法定相続分

    被相続人に遺言がなかった場合、遺産分割協議により相続人各々の相続す...

桜月法律事務所の主な対応地域

京都府京都市中京区

ページトップへ