流れ

桜月法律事務所(京都府京都市/中京区)|流れ

  1. 桜月法律事務所 >
  2. 民事訴訟・交渉に関する記事一覧 >
  3. 流れ

流れ

民事訴訟(民事裁判)手続きの流れは以下の通りです。

①訴状の提出
民事訴訟は、原告が裁判所に「訴状」を提出することから始まります。訴状には、原告と被告の氏名・住所、請求の趣旨(原告に何を求めるのか)、紛争の要点(請求の原因)などを記入します。また、訴えの内容を証明できるような書類などがある場合は証拠書類も合わせて提出します。

②第1回口頭弁論期日の指定
訴状に不備がない場合、約3~10日以内に裁判所から第1回口頭弁論期日を決めるための連絡があります。口頭弁論期日とは法廷を開く日のことで、通常1ヵ月~1ヵ月半ほど先の日程を提示されます。

③答弁書の受領
訴状が受理されてから第1回口頭弁論期日までの間に、被告から答弁書が送られてきます。答弁書とは、訴状に対する認否を記載した書面で、「請求の趣旨に対する答弁(認めるか認めないか)」「請求の原因に対する認否(認めるか認めないか、あるいは知らないか)」のように被告の主張が書かれています。その内容に基づき、訴えを起こした原告側はさらなる証拠書類や証人の準備をします。

④審査(口頭弁論)
ここでは、お互いに証拠を出し合い、当事者や証人への尋問などを行って主張の根拠を補います。
なお、第1回口頭弁論は被告の予定を聞かずに日程を決めるため、被告は欠席するケースが多く、裁判官が「陳述は訴状通りで良いか」を原告に確認し、次回の日程を決めるだけで終わってしまうこともよくあります。

⑤口頭弁論の終結と判決
こうした口頭弁論が終了し、裁判所が判決を出すのに十分な材料が揃ったと判断すると弁論の終結が宣言され、判決言渡期日を指定されます。
判決が言い渡されたら、訴訟は一旦締めくくりとなります。ただし、その判決が確定するのはそこから2週間後で、原告の側も被告の側も判決に納得がいかない場合にはこの2週間以内に、さらに上級の裁判所に裁判の取消・変更を求める上訴(控訴・上告)を行うことができます。
なお、口頭弁論が終了しなくても和解を行って早期に解決することもできます。

桜月法律事務所が提供する基礎知識

  • 養育費の計算方法

    養育費の計算方法

    「子どもがいるが離婚を検討している。子どもの養育費をしっかりと支払...

  • 不動産売買契約に関する紛争

    不動産売買...

    不動産売買契約に関する紛争について、当事務所では以下のような分野を...

  • 京都市の過払い金請求は弁護士にご依頼ください

    京都市の過...

    過払い金請求は、出資法と貸金業法の差の中で生まれたグレーゾーン金利...

  • 不動産開発事業に関する紛争、法務アドバイス等

    不動産開発...

    当弁護士事務所は、不動産開発事業に関する紛争について、以下のような...

  • 示談交渉

    示談交渉

    示談とは、被害者と加害者が裁判所の手を借りず話し合いによって賠償責...

  • 任意整理

    任意整理

    「任意整理」とは債務整理の中で一番簡単に行える借金減額方法です。弁...

  • 物損事故

    物損事故

    交通事故は、死亡事故、傷害事故、物損事故の3つの種類に分けられます...

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、20歳未満の少年(男子だけでなく女子も含む)が犯罪を...

  • 人身事故

    人身事故

    交通事故は、死亡事故、傷害事故、物損事故の3つの種類に分けられます...

桜月法律事務所の主な対応地域

京都府京都市中京区

ページトップへ