土壌汚染問題とは

桜月法律事務所(京都府京都市/中京区)|土壌汚染問題とは

  1. 桜月法律事務所 >
  2. 民事訴訟・交渉に関する記事一覧 >
  3. 土壌汚染問題とは

土壌汚染問題とは

工場跡地や有害物質を使用していた土地が再開発されるにあたって問題となってきたのが土壌汚染問題です。古くは足尾銅山による汚染問題などが有名ですが、このような汚染された土地を利用することによって健康被害が発生する恐れもあります。そのため土壌汚染から生じる人への健康被害を防ごうと成立したのが土壌汚染対策法です。この法律によって土壌汚染に対する調査や対策が求められるようになりました。

土壌汚染の可能性のある土地を取引する場合や所持している場合には様々な責任を負う必要があります。例えば、汚染の調査を行ったうえでそれへの対策を行う際には原則として所有者が支払いを行わなければなりません。また、取引を行う際には契約書内でどの程度まで汚染に対して責任を負うかなどを明確にする必要があります。このようにしない限り無制限に土壌汚染に関する責任を取ることになりかねないからです。
近年、土壌汚染問題は取引の際には考慮事項の一つとして一般的になりつつあります。自身の土地や購入しようとする土地についてどのようなリスクがあるかを今一度検討することが求められています。

桜月法律事務所では皆様の民事訴訟や土壌汚染問題に関するお悩みに関して日ごろご支援をさせていただいております。
「取引をしようとしている土壌汚染された土地があるがどの湯小名契約をすればいいか」といったお悩みは当事務所までお気軽にご連絡ください。

桜月法律事務所が提供する基礎知識

  • 不動産開発事業に関する紛争、法務アドバイス等

    不動産開発...

    当弁護士事務所は、不動産開発事業に関する紛争について、以下のような...

  • 少年事件

    少年事件

    少年事件とは、20歳未満の少年(男子だけでなく女子も含む)が犯罪を...

  • 民事再生(個人再生)

    民事再生(...

    「個人再生」とは、裁判所を通して行う手続きであり、返済できなくなっ...

  • 過失割合

    過失割合

    交通事故の問題でとしばしば取り上げられる過失相殺と過失割合ですが、...

  • 遺留分

    遺留分

    遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人が、相続財産を最低限相続...

  • 暴力事件

    暴力事件

    ケンカや口論の末、相手に暴力を振るってしまった際、相手を怪我をさせ...

  • 民事全般

    民事全般

    当弁護士事務所が取扱う民事訴訟・民事事件は以下のようなものがありま...

  • 人身事故

    人身事故

    交通事故は、死亡事故、傷害事故、物損事故の3つの種類に分けられます...

  • 法定相続分

    法定相続分

    被相続人に遺言がなかった場合、遺産分割協議により相続人各々の相続す...

桜月法律事務所の主な対応地域

京都府京都市中京区

ページトップへ